<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
オススメ
カウンター
相互リンク 募集カウンターフットサル コート
track feed
なずなママのガレージセール

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.07.07 Wednesday  | - | - | 

今月2回目のオイルセラピー

 今日、千歳の吉田治療室へ行ってきました。

本当は今月初めに行ったので、4月に行くつもりだったんですが、低めで安定していた血圧(110/70位)が日曜の夜、140台/100台近くまで跳ね上がってしまい、翌日も130/90後半近くあったからです。

一度服用するとめったな事ではやめられないと聞いていた降圧剤が、実は今月中旬から夜に1錠と1/4に減りました。

低血圧が続いてふらつくので腎臓内科の主治医と相談した結果、減らす事になり、その後飲み忘れる日があっても正常値をキープしていたのに、これじゃぁせっかく減った降圧剤がまた元に戻ってしまう!と思いました。

火曜日にはまた血圧が正常になってましたが、吉田治療室に予約を入れる事にしたんです。

治療内容は前回とほぼ同じですが、気づいた事がいくつかありました。

治療後、すこぶる調子が良くてエネルギー満タン状態なのが自分でも分かる時って、オイルを塗っている最中から体感できます。

ずーっと横になっていて、温かくて眠くなりそうなもんですが、逆にエネルギーが入ってくるせいか、どんどん目が冴えてきます。

逆に治療中寝てしまう時って「キタ━━━━ ヽ(゚∀゚)ノ ━━━━!!」って感じがあまり体感できません。

治療後は少しだるくなります。

湯あたりに近いようなだるさなので、時間が経つとだるさは抜けます。

同じ治療内容なのにこの違いはなんだろう??と思います。

それから今回はカラーパンクチャーを受ける際、足に当てて調べてもらいました。

9才以下に患った病気(風邪等は違うと思いますが)の原因は胎児やそれ以前の事が関係しているとカラーパンクチャーでは言われているらしくて、それは足で調べるらしいです。

私がIga腎症だと分かったのは20代の頃ですが、幼児期にネフローゼになっていて、腎臓内科の先生数人に、それが完治していなくて徐々に悪化していった可能性もあると言われ、もしかしたら幼児期から続いていたかもしれないからです。

足を調べた結果、受胎時より以前、先生は『バルド期』と呼んでいましたが、その頃の何かが原因になっているんじゃないか?との事でした。

実は同じ様な事を言われた事があって、ハッとしました。

私が直接聞いたわけじゃないんですが、私が治らないと言われている慢性病なのを知っている友人が、ある人に何かのついでに私の事を聞いたそうです。

その時、言われた内容がこうです。

詳しくどんな病気なのかは説明しなかったそうですが、今の医療では完治させられない病気を抱えていて、これは今回、生を受けるに当たって前世の葛藤を洗い流しきれずに引きずってきてしまったからだ、と。

そのせいで、なんだかチャクラが滞って活性化していない。

そこを上手く通してあげるといい。

とこんな感じの内容でしたが、なにせ何年も前の事だから記憶が…^^;

この人は自分で気づける人だから、瞑想や自分を内観する習慣をつける事によって、誰かに治してもらうんじゃなく自分で気づいて良くなるって事も言われたんですけど、内観する習慣ってなにをどう考えていいんだか分からなくて、「ふ〜ん」と聞いて終わっていました。

今回はそんな事を思い出しながら治療を受けたんですが、前回治療へ行った時よりも、治療前の状態が確かに良いのが分かりました。

あと、ここ最近の自分自身の傾向としては、生野菜がいいと本等に書いてあるから食べようと言うんではなく、生野菜が食べたい欲求があるので、どんぶりに山盛りになるくらいのサラダを1食で食べる事が多いです。

ご飯等の穀類もなければ別にいらないって感じなんで、特に決め事にしてる訳じゃないけど食べたいと思わない時は1日サラダだけの日もあります。

でもいっぱい食べてるからなんのストレスにもならず、むしろ食後のだるさがなくて快適です。

やろうと思ったら『私、このままベジタリアンになれちゃうんじゃない?!』ってくらい今の食事が自然な事に自分でも驚いています。

とりあえず自分が欲しているうちは、このままメインがサラダの生活が続きそうです。


結晶━━━━━━━━━━━━━━結晶
足跡や拍手がないのでお帰りの際に
ポチっとして頂けると嬉しいです
結晶━━━━━━━━━━━━━━結晶
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ



2009.03.25 Wednesday 20:06 | comments(3) | - | 

久しぶりのセラピーに癒される

以前からお世話になってた千歳にある吉田治療室、研究等の為にずっとお休みされていたんですが、再開されるとの案内を頂いたので家族で行ってきました。

いろいろ新しい機械等が導入され、なにより家族で行っても待っているスペースがあるのが主婦としては助かります。

太鼓のゲームを用意してくれていたので、ゲームで遊んだり用意していたDVDを見たりしてパパと響には待っててもらいました。

で、治療なんですが新しく導入された2種類の機械でまずは健康状態をチェック。

1つはヘッドフォンをして測定する機械でした。

HADOレストアという機器の方が有名なんじゃないかと思いますが、それよりも性能が良い新しい機器なんだそうです。

ノドや消化器系、副腎が弱っていました。

副腎はステロイド治療の後遺症というかダメージがやはりある様です。

こういう部分は腎臓内科でケアがないから、放ったらかしの方が多いんじゃないかな?と思います。

ノドには心当たりがありました。

Iga腎症の治療の一環で扁桃腺の摘出をしましたが、それからノドがずいぶん弱くなったのを実感していたし、最近、喘息と診断されていました。

次に指の写真?を1本ずつ撮って診断です。

人体から微量に出ているフォトン(光子)から診断する機器みたいでした。

体のバランスがどうなっているか分かりやすいような図をプリントアウトしてもらえます。

バーチャルチャクラとバーチャルエナジーフィールドってタイトルの診断結果図でした。

blogにアップしていいのか分からないんで、アップはできませんが興味深いです。

この機械でもノドが突出してバランスを崩していました。

その後、エドガー・ケイシーが提唱しているオイルマッサージの始まりです。

今回、先生がとても熱心に治療してくれているのが分かりました。

そしてマッサージ中からエネルギーが充電されているような湧いて出てくるような感覚をしっかりと分かりました。

マッサージを終えるとオイルはそのままで背中を温めます。

温めている間、カラーパンクチャーもしてもらえました。

カラーパンクチャーを知らない方はネットで検索するといろいろ出てきます。

治療の後半あたりから、エネルギーが有り余っている子供の様に走り回りたくなる衝動にかられたり、ただ寝ているだけなのに楽しくなってきて自然と顔がほころんできました。

もう声を出して笑い出してしまいそうな感じです。

先生が顔や頭にカラーパンクチャーのペンライトのような物を当ててくれてる時に、もう堪えきれず笑い出してしまいました。

しかも1回ではなく数回…^^;

うまく表現できませんが、『喜び』のような感覚に溢れて自分の中だけでとどめておけず、笑ったり走り回ったりして表現したくなってしまうような感覚でした。

カラーパンクチャー、左右の足の同じ部分にそれぞれペンライトの様な物を当てて、どちらが痛いか聞かれるんですが、私が答える前に先生は分かってしまいます。

あれ、不思議でした。なんで分かるんだろう???

他にもバイオフォトンセラピーで治療中にレメディを流してもらったりといろいろありました。

その後、カイロで骨のズレを治してもらい、最後にEAV測定器で状態が良くなったか確認して終了。

波動水も作ってもらいました。

カラーパンクチャーって身体や精神にも働きかけるそうで、心の傷を癒すきっかけになる夢を見たりもするって聞きました。

で、治療を受けたその日に夢を見たんですが……

株式市場が機能しなくなってしまい、止まったまたの電光掲示板が出てきて、米ドルも大暴落して、ドル紙幣が床にゴミのように散らばっているという光景を目にしました。

投資とは縁遠い私なのに、ストーリーも何もなく、ただその光景の映像という今まで見た事のないタイプの夢でした。

どんな意味があるのか?さっぱり分かりません汗

ただの雑夢かな


結晶━━━━━━━━━━━━━━結晶
足跡や拍手がないのでお帰りの際に
ポチっとして頂けると嬉しいです
結晶━━━━━━━━━━━━━━結晶
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ


2009.03.02 Monday 10:51 | comments(0) | - | 

叔母と一緒に波動療法してきました

昨日は、以前から通っている吉田治療室
今回は癌治療をしている叔母と一緒です。
叔母は今回で3回目ですが、エネルギー的には私よりも良い状態。
ちょうど私が入退院を繰り返している頃、叔母も同じように治療で入退院を繰り返していました。状況を聞くと私よりもずっと悪かったので、その叔母が私が思っていたよりもずっと元気そうで、私にとっても良い刺激になりました。

で、今回の治療はと言うと私が説明するより
先生のblogに具体的数値やキルリアン写真を載せて掲載されているので割愛。( ̄▽ ̄;)

今回は治療後にEAVという機械で数値を計ると60〜63でした。
私の体感では、今回位の数値だと普段の生活で調子がいいなと思う時と同じくらい。
70くらいになると、エネルギーが充電されて若返ったと思うくらい。
80近くなると、エネルギーが有り余っている子供の気持ちが分かる感じ。
ちょっとした事でも笑い転げられるのって、いっぱいのエネルギーで満たされてるからなれる状態だな〜って思ったのを覚えています。

もう少しで病院の検査もあるので、少しでも良くなっているといいな。

2007.05.26 Saturday 04:37 | comments(0) | trackbacks(0) | 

退院後、初めての波動治療

腎臓の入院治療を終え、体力的にまだ一人で千歳に行く自信がなくて行っていませんでしたが、妹が千歳に行くというので一緒に車に乗せてもらい以前から通っている吉田治療室へ行ってきました。

まずマウスという機械で私のエネルギー状態を計ってみると、だいたい数値は60くらい(正常値)ですがその後下降していきます。
私が内服しているステロイドというお薬は副腎に負担がかかるので、副腎のツボを計ってみると45くらい、やはりその後下降していきました。

その後、波動水を作ってもらい機械で本当に私に合った水か確認したところ私のエネルギー数値はどこも下降せずに70くらいをキープ。
実はこの波動水を飲むのを変な言い方かもしれませんが、楽しみにしていました。

というのも、波動水を飲み始めたのが去年12月から2ヶ月間。
この間は手術やステロイドを点滴で大量投与していたので、身体的には一番キツイ時期でしたが、そんな状態とは裏腹に気持ち的には一番満たされているような時期でもありました。

ずっと精進料理のような病院食だったので、食べ物が思考にまで影響するのかな?それとも波動水が趣味・趣向や思考にまで影響するのかな?と思っていました。
今回また波動水を飲み始めるので、これでまた変わってきたら波動水の影響かどうかも分かるし、なにより以前のような精神状態でいられる事が魅力♪
振り返ると、まるで一段階進化したかのようでした。
今はすっかり元に戻ってる感じですが…( ̄▽ ̄;)

波動水のチェックが終わったところで、いつものようにオイルマッサージとカイロをしました。
オイルを背中に塗ってしばらく温めた後、先生が背中を触ってチェック。
『先生、まだっぽい感じがするんですけど〜』って思っていたら、「もうちょっとだな」と先生が独り言を言ってオイルを背中に足して再度温めました。

治療が終わった後、だいたいエネルギーが充電されてテンションまで高くなるか、温泉に入りすぎた後の湯あたりのようになるかのどちらかですが、今回は後者の湯あたり状態。今日も朝からまだちょっとだるいです。
いつものパターンからすると、午後1時くらいから急に調子が良くなっていつも以上に元気になってくるので今回はそのパターンかな?
2007.04.20 Friday 11:24 | comments(1) | trackbacks(0) | 

波動水を作ってもらいました

入院が明日に控えているので、約3ヶ月ぶりに昨日千歳の吉田治療室へ行ってきました。

入院前にどうしても行きたかった理由が2つあります。
まずは波動水を作ってもらいたかった事が1つです。
ステロイドの薬治療が始まってから作ってもらった方がいいのかな?と思ってましたが、とりあえずすぐに作ってもらい、薬治療が始まったら薬の波動を追加で転写してもらう事にしました。
ステロイドは副作用の強い薬なので、少しでも波動水で軽減できればと思います。

もう1つの理由は、頭痛と首のコリ(痛み)です。
もともと1ヶ月に2〜3日はひどい頭痛と首の痛みに悩まされていました。
こうなると1日何にも出来ません。
吉田治療室へ月1回通うようになってから、この頭痛等がピタッとなくなりました。
もう3ヶ月も通っていなかったので11月後半、ついにあの頭痛がおそってきてバファリンを飲みながらなんとか過ごしてきました。
また頭痛や首のコリが始まる前に行っておきたかったのです。
オイルマッサージがいいのか、カイロがいいのか分かりませんが、とにかく私にはここの治療が効くようです。

今回はまずマウスという機械で身体のエネルギー状態を調べました。
エネルギー自体は弱くないけど、下降していきます。
まずはスターライトという機械でトリートメントをしました。
トリートメントと言ってもの機械と繋がっている棒を持って、そこから微量の電気を流すだけです。

いつもなら次にオイルマッサージをしますが、先に波動水を作ってもらいました。
作ってもらった波動水が本当に私にとって良い物かどうか、先ほどのマウスで測定するとメモリが約70のところで止まり、下降する事はありませんでした。
どうやら私の波動水ができたようです。
ちなみにどのようにマウスで測定するかと言うと、マウスに接続された棒を私が持ち、マウスに接続されたカップに波動水を置きます。
それからマウスに接続されたペンのような形をした器具を、私の指のツボのようなところに当てて図ります。
マウスで測定して、エネルギーが下降値を見せると多分再度作り直すんだと思います。

次にオイルマッサージに入りました。
背中にオーラグロウとひまし油を一通り塗り、温めます。
温めている間に足裏と膝から下、首や方をマッサージしてもらいました。
いつもの事ながら、本当に気持ちが良いです♪
面白い事に、相当疲れていた私はいびきをかいて寝てしまいましたが意識は起きていて、自分のいびきを聞いていました(笑)
途中、先生が違う部屋に行ったり移動するのも全部音は聞こえています。
私は寝ているはずなのに、起きている時と同じ感覚もありました。

オイルマッサージが終わり、カイロをしてもらいました。
骨がバキボキ言いますがいつも全然痛くありません。

その後、前回も使ったMRAの原型となる機械というやつに腎臓に効くレメディを入れてしばらく板状のものを背中に当てました。
また前にも見えたカエルの卵のような物が見えましたが、途中で気付いたら見えなくなっていました。
途中で先生が機械をいじっていたので、その後に見えなくなった気がします。

今回はいつもより長くやってもらったせいか、マウスで数値を計ってみると80くらいあって、ドロップ(下降)しませんでした。
今までこんなに数値が高かった事はありません。
自分の中にエネルギーが充満している感じがハッキリ分かります。
なんだか10年くらい前の自分みたい、と思いました。
いつもはオイルマッサージの後でも腎臓の経絡だけドロップするのでフォトンセラピーもしてもらいますが、今回は必要ありませんでした。

治療が終わり、家族で千歳に来ていたので、アウトレットモールReraで遊んでいたパパと息子が迎えに来てくれました。
車の中でかなりテンションの高い私に、パパは笑っていました。
元気すぎる自分が止められないという感じです。
ハイになっているのは最初の数十分で、あとは普通に戻りました。

退院したらステロイド漬けの身体でまた吉田治療室へ行く予定です。
どんな数値が出るのかちょっと好奇心というか興味があります。

人気blogランキングへ←ブログ検索ならココ
2006.12.04 Monday 14:07 | comments(0) | - | 

波動療法で変なマルが見えた

以前から吉田治療室に行ってみたいと言っていた友達と一緒に、オイルマッサージ等受けに行ってきた。
友達は気に入ったらしく、また近いうち行くような事を言っていた。

今回は新しい機械が増えていて、MRAの原型となる機械だと教えてくれた。
あらかじめ腎臓のレメディを用意してくれていて(私は腎臓の持病がある)、銅板のような物を背中にしばらく当てさせてもらった。
特にその電流というかエネルギーを感じるという事はなかったが、ちょっと不思議な事があった。

気のせいだと言えばそれまでかもしれないが、銅板らしき物を当てている間、ずっと頭の中というか目の裏側にいびつな円が見えていた。
円のフチにはこびりついた感じで黒っぽい物が付着して枠取っていて、中はまだらで半透明な薄い赤紫の色が付いている。円の中心にはさらに円い物があった。
形だけで言うといびつなカエルの卵みたい。
なんだろう??と思ってジーッと見ていたが結局分からなかった。
板をはずすと全く見えなくなったので、板のせいなんだろうか??

それから今日はふと思い立ち、試してみた事があった。
吉田治療室内は場の質が良いというか気が良いというかそんな感じを受けるので、簡易ベッドに横たわっている間、白い壁に手をかざしてみた。
思った通り、手から出ている光(オーラ)を簡単に見る事ができた。
集中しなくても2層くらいはすぐに見えたので、やっぱり場(フィールド)って大事なんだとプチ納得。
綺麗なのでしばらく見て楽しんでいた。
全然関係ないが、今日は私の好きなアディエマスのCDが掛かっていたのでとても心地よかった。

帰りの車の中で友達と、場所が札幌だとなおいいのにねぇと話していた。
千歳より札幌の方がよっぽど人口が多いのに、吉田治療室で行ってるような治療をしている所を聞いた事がない。
整体・もみほぐし・鍼灸等はたくさん見かけるが、フォトンセラピーなんて看板見た事ない。まぁ吉田治療室でも掲げてないけれど・・・
札幌でも気軽に行ける環境ができたらな〜と思う。

人気blogランキングへ←ブログ検索ならココ

2006.09.11 Monday 21:32 | comments(0) | trackbacks(0) | 

Iga腎症ってアレルギーなの??

長年Iga腎症のため通院していた某病院から、知人の薦め等あって転院する事にした。
先日、初めて転院先の病院へ足を運び、これから私の担当医となる先生と会った。

まずは大まかにIga腎症とはどんな病気なのか?という説明を受けたのだが、「Iga腎症は腎臓の病気ですが、大きく分けるとアレルギーに分類されます」と言われた時には驚いた。
もうこの病気に数年付き合っているが、そんな話を聞いたのは初めて。
その後、治療方法の選択肢やこれからの通院についての話等をしてこの日は血液検査と尿検査をして帰宅した。

「アレルギー」というのが気になり、ネットで調べてみると3型アレルギーという分類の中に確かにIga腎症があった。
喘息もアレルギーの分類の中にあって、妹は喘息なので思わず『私達アレルギー姉妹じゃん』とパソコンの画面を前に言ってしまった。

以前、「喘息持ってる母親の子供はアトピーの子多いんだよね」と妹が言っていた。
なぜそんな話をしてきたかと言うと妹の子供がアトピーだから。
その時の言葉が「アレルギー持ってる母親の子供はアレルギーの子多いんだよね」と「喘息」と「アトピー」が「アレルギー」に置き換えられて私の頭の中をよぎった。
今はまだ健康優良児に見える息子も何かアレルギーを抱えていたりして・・・

それがどんなアレルギーにせよ、強い薬は体に負担がかかるので自分のためにも息子のためにも、お医者さんまかせにしないでIga腎症やアレルギーについての知識を深めておこうと思った。

それから1つ気になるのが、私に吉田治療室を紹介してくれたプレバランスのHPには『アレルギーの方へ』というカテゴリがある。
一通り見てみたが、私の持病にもフォトンセラピーは有効だと理解していいのかな?と思った。

人気blogランキングへ←ブログ検索ならココ
2006.08.28 Monday 07:52 | comments(0) | trackbacks(1) | 

フォトンセラピーとオイルマッサージ4回目

約1ヶ月ぶりに千歳にある吉田治療室に行ってきた。
オイルマッサージに入る前に、毎回波動測定をして状態を確認する。
エネルギーの数値自体は悪くなかったけど、多少ドロップ気味。
それでも最初にここを訪れた時に比べたら、全然良くなっているのが体感で分かる。

次にオーラグロウとひまし油を背中に塗っていつものように温めた。
夏なので今回は相当汗をかいたと思う。
もともと暑いのは苦手でサウナも入れないけど、これは暑さが心地よく感じる。

温め終わると背中をきれいにふき取って、背中と首の骨を整えてもらった。
今回は首がすごくスッキリ♪
むち打ちもやってるので仕方がないのかもしれないが、慢性的な首のこりというか痛みはほんとどうにかしたい。

しばらく横になってから再度、波動測定をしてもらった。
オイルマッサージ後でも、慢性病を抱えている腎臓だけは測定時の音がやはり低くエネルギーが低下しているのが分かった。
病院から処方される薬はどれも効果がなく、あとは入院してステロイド治療に入るしかないと言われているが、それで入退院を繰り返している人をたくさん見たので、今のところ「子供がまだ小さいので入院はまだできません」となんとか先延ばしにしている。
今月、腎臓の検査に病院へ行く予定。
フォトンセラピーとオイルマッサージを始めてから、まだ病院に行っていないので少しは効果があって欲しい。
あとは必要なところだけフォトンセラピーを受けた。

前回、オイルグロウだけを購入したので今回はひまし油を一緒に買ってきた。
こうなるとオイルを塗った後に温める、前から気になっていた「フィットアンポ」という温熱パックも欲しくなってくる。
遠赤外線セラミックシートを取り入れた温熱パックなので良さそう〜。
でも高いので買い渋ってしまう。

それから波動元水というお水2リットルを先生から頂いた♪
クセがなくてとても飲みやすい^^

他にもフォトンセラピーに関する資料等、先生に頂いたのでゆっくり読んでみようと思う。
あとプレバランスから出している記事も頂いて読んでみたが、七田眞先生との対談があった。
プレバランスと右脳教育の七田先生、ジャンルこそ違うが共通するのは「波動」という点に変わりない事がよく分かる内容だった。
今日、七田チャイルドアカデミーのレッスンに行った際、来月9/16に七田先生の講演会が札幌であると聞いたので、聞きに行ってこようと思う。

人気blogランキングへ←ブログ検索ならココ
2006.08.07 Monday 19:59 | comments(0) | trackbacks(0) | 

マッサージオイルはオーラグロウだった

勘違いしていた事があった。
私が受けていたオイルマッサージに使用しているのはひまし油だとばかり思っていたら、実はオーラグロウというオイルだった。
ケイシー療法と言えばひまし油くらいしか認識がなかったため。

先日、家でもオイルマッサージできるように治療室でマッサージに使っているオイルを買った。
その時に初めてオーラグロウだと知った。
どうせだからと先生はこのオイルに私の波動を転写してくれたので、より自分に合ったオイルになっているはず。

オーラグロウってどんなオイルなんだろうと思いちょっと調べてみた。

オーラグロウからは、白く力強いオーラが波のように発せられており、このオイルでマッサージした後は、全身のオーラが明るく輝いてくることから、オーラグロウと名付けられています。
冷圧搾で製造された高品質で純粋なオリーブオイル、ピーナツオイル、ラノリン、ビタミンEだけで、できているマッサージオイルです。
オーラグロウでのマッサージは、肌を柔軟にするだけでなく、血行を促進し、筋肉をリラックスさせ、毒素の排泄を高めます。


名前の由来からして効果がありそうなオイル。
無香料の他にシトラス・ラベンダー・ローズ・メントールとあった。
私が今回治療室から購入した時、ペパーミント のオイルもサービスで混ぜてくれた。
って事は自分の好みのオイルを混ぜて使ってもいいって事だろうか??
私はヒバ系の香りが好きなので混ぜてみたい気もする。
ヒバってどんな効果があるんだろう?そう言えば調べた事がないので分からない。

人気blogランキングへ←ブログ検索ならココ
2006.07.12 Wednesday 12:26 | comments(3) | trackbacks(0) | 

パパと一緒にフォトンセラピー&オイルマッサージ

昨日、パパと一緒に千歳までフォトンセラピー&オイルマッサージを受けに行ってきた。
日曜日しか休みのないパパの為に、定休日なのに治療室をあけてくれて先生ありがとう!!

問診表をパパが書いている間に、私はさっそくスターライトで波動を測定した。
前回は結構状態が良かったのに今回はスターライトから低〜い「ビーー」という音が鳴っていてガッカリ。(波動が高い状態にあると音も高くなる。)
なんだか一番最初に受けた時のようだ。
先週はずっと前半は肩と首が張っていてつらかったが、後半になると歯が痛くて眠れない事もあった。すぐに歯医者へ行ったけれど、神経が過敏になりすぎていて5回も麻酔を打ったが効かず結局神経の治療は後日に持ち越された。
どうも私の肩と首の張りと連動して歯が痛くなったりする事がよくある。
なにか関係があるんだろうか??
ずいぶん悪くなっているので、先生に何かありましたか?と聞かれたが肩・首・歯の事くらいしか思い浮かばないと話をした。
それから少しして、肩と首が張り出した前の事を思い出した。
できれば会いたくない人と会わなければならない事があり、数時間を一緒に過ごした。
会ってる間中、なんだか自分のエネルギーが枯れていく感じ。
別れた後、どっと疲れてしまい夕食をお総菜にした。
その次の日の朝、起きるとすでに肩と首がバンバンに張っていた。
嫌な人と会ったのが原因ですか?と聞く事もできず、先生には言わなかったがそれくらいしか思い当たらなかった。

波動の状態を確認するとすぐにオイルマッサージに入った。
何度受けても気持ちいい。
オイルマッサージが終わった後、再度スターライトで状態を確認すると今度は甲高い「ビーー」という音が聞こえたので素人の私でも良くなった事はすぐに分かった。
あらかじめ、腎臓が悪いので腎臓を測定してほしいとお願いしてあったので測定してもらうとオイルマッサージだけでは足りなかったらしい。
スターライトでセラピーもしてもらった。

それから、今回初めて違う波動測定器も使った。
前回と比べてかなり悪くなっていたので先生は感情の問題かもしれないと言い、機械の名前は忘れたが私のポラロイド写真を撮って波動機で測定を始めた。
私はたまたまこの機械を使われている江本勝さんの本を何冊か読んだ事があって、写真で測定をする事になんの疑問もなかったが、パパは何をしてるの???状態。
私に必要な波動を水に転写して、その水が入ったボトルをスターライトのカップ(器)に入れて、再度スターライトでセラピーをしてもらった。
この波動水の情報を私の体に送ってくれたという事だと思う。

途中、先生が「歯が痛いのは左上ですか?」と聞いてきた。
その通りですと答えると、「僕も歯が痛くなってきちゃいましたよ、左上。」
と言っていた。

いつもは治療を受けた後、すっきりして帰るのだが今回はなぜか温泉に入りすぎて疲れてしまったという感じのだるさがあった。
翌日もだるさが残っていて午前中ダラダラと過ごしていたがやっと午後からスッキリ♪

パパはと言うと、私が思っていた通りやはり比較的健康体だった。
肺が少し悪いと言われていたが、会社の健康診断で肺は要検査になった事もあるので納得。
パパはタバコを控えた方がいいと思う!!
健康なパパは今回の治療が良かったかどうか正直分からなかったそうだが、今朝になって出勤して会社にいるパパから『身体がどうこうより、なんか内側から力が湧いているような、やる気アップだよ』というメールが届いた。
これには同感!同感!
私もすごく感じていた事だから。
友達と友達の旦那は何も言っていなかったので、私だけかな?と思っていたけどパパも同じように感じていたのでなんだか嬉しかった。

人気blogランキングへ←ブログ検索ならココ
2006.07.10 Monday 13:36 | comments(0) | trackbacks(0) | 
 | 1 / 2 PAGES | >>