<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
オススメ
カウンター
相互リンク 募集カウンターフットサル コート
track feed
なずなママのガレージセール

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.07.07 Wednesday  | - | - | 

5歳児の死生観

我が家では、何かと生き物を飼う機会がある方だと思います。

飼っていたハムスターが死んだ時、亡骸を見ながら響は「新しいハムスター買えばいいじゃん。」と言いました。

サンショウウオが死んだ時も同じ様に言いました。

うちには響が生まれる前からワンコが一匹いるんですが「ナッティが死んだらこの犬飼おう♪」と言ったりします。

響が2日前にも「死んだら新しく買えばいい。」発言をしたため、私は「じゃぁママが死んだら響は新しいお母さんを買う?」と投げかけてみました。

そろそろ響はいろんな事を考えられる様になってきたから、こういった質問をぶつけてみてもいい時期に感じていたからです。

案の定、響は一瞬ハッとして顔をして、しばらく黙り込みました。

小さな頭の中でいろんな考えや想いが駆け巡っているようでした。

この会話は寝る時間、お布団に入りながらの話だったので、その後響は寝入るまで無言のまま考えながら寝てしまいました。

次にこんな話をする時には響はどんな事を言うだろう?と興味を持っています。

友達にその話をしたら「まだ響の年齢だと、そういう話は早いんじゃない?」と返ってきましたが、私は全くそうは思いませんでした。

私達大人が思っている以上に、子供はいろんな事を感じ取り、人の心を読み取っている様に思います。

特に男の子には小さな頃から人生を哲学して欲しいし、もうそれができる年齢のはずで、5歳には5歳なりの思想があるはずです。

『なぜ人は生まれ、死ぬのか』『自分はなぜ生きているのか』という根源的な事を考えるのは早ければ早い程いい様な気がします。

私は幸いにも祖父母と一緒に住む環境にあったので、子供の頃に身近な人が死ぬという経験をする事ができました。

たまに会うおじいちゃん、おばあちゃんが死ぬのではないのです。

一緒に生活していた人間が、自分の目の前で息を引き取るのです。

今は多くの人たちが、核家族化してそういう尊い経験をする機会が少なくなってきるし、例外なく我が家も核家族ですから、経験以上の事は与えられなくても響にはいろんな形で伝えていきたいです。


結晶━━━━━━━━━━━━━━結晶
足跡や拍手がないのでお帰りの際に
ポチっとして頂けると嬉しいです
結晶━━━━━━━━━━━━━━結晶
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ



2010.03.17 Wednesday 10:39 | comments(0) | - | 
<< 七田プリントとしまじろうを比較 | main | リビング学習っていうかダイニング学習 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2010.07.07 Wednesday 10:39 | - | - |